お問い合わせ
ニュース ニュース

トピックス

ツイッターのアイコン Facebookのアイコン

2023/09/20
ユニフォーム
バスケのユニフォームを綺麗に保つ洗濯方法と注意点【保存版】

バスケットボールの試合中にディフェンスに囲まれたボールを持ったオフェンス

バスケットボールの試合で着用するユニフォームは、たくさんの汗を吸い込んでいるため、着用後は汚れをしっかりと洗い落とす必要があります。
しかし、ただ強い力で洗濯をしてしまうと、ユニフォームを傷めることになり、見た目に影響が出てしまうこともあります。
この記事では、バスケのユニフォームを清潔かつ、見た目も綺麗に保つための洗濯方法や注意点を紹介しているので、ユニフォームを洗う際はぜひ参考にしてくださいね。

 

基本の洗濯方法

洗濯機とその周辺

まずは、バスケのユニフォームを洗う際の基本的な手順を紹介します。
ポイントは、ユニフォームへのダメージを最小限に、汚れをきちんと落とすことです。

洗濯表示を確認

洗濯をする前に、洗濯表示を必ず確認してくださいね。
洗濯表示とは、ユニフォームの内側に付いているタグや、ユニフォームの生地に直接印字されている、衣類の取り扱い方を示すマークのことです。

洗濯表示の見方はこちらの記事にて詳しく解説しているので参考にしてくださいね。
 →coming soon

洗濯機使用可を表す洗濯表示と手洗いのみ可を表す洗濯表示

ユニフォームを洗う際は、特に家庭洗濯のマークに注意する必要があります。
家庭洗濯のマークは、桶に水が入ったような形をしており、水の中に数字や手のマークが入っています。

水の中に数字が入っていた場合(①)は、洗濯機を使用して洗うことができ、数字は洗濯する際に使用できる洗濯液の温度を表しています。
水の中に手のマークが入っていた場合は、手洗いでのみ洗うことができ、40度以下の洗濯液が使用できます。

また、桶の下に線がある場合(②)、1本の場合は無い場合よりも弱いモードでのみ洗濯機を使用することができ、2本の場合は1本の場合よりもさらに弱いモードでのみ洗濯機を使用することができます。

その他、注意書きなどに「中性洗剤のみ使用可」などの表記がある場合は、中性洗剤を使用して洗濯してくださいね。

【注意】
桶に水が入ったマークにバツが付いている場合は、家庭で洗濯することができないため、クリーニングを利用してくださいね。

家庭での洗濯不可を表す洗濯表示

裏返してネットに入れて洗濯する

チーム名や背番号などのプリント(マーキング)部分を守るために、ユニフォームは裏返した状態で洗濯するのがおすすめです。
洗濯ネットも活用すると、さらにダメージを抑えることができます。

脱水は短めに設定

バスケのユニフォームは、速乾性のある生地が使用されている場合が多いため、短い時間でも十分に脱水することができます。

脱水時間が長いと生地に余計なダメージが加わるため、時間の目安は30秒から1分程度がおすすめです。

風通しの良い日陰で乾かす

直射日光をユニフォームに長時間当て続けると、生地が変色する場合があるため、乾燥させる際は風通しの良い日陰に干すのがおすすめです。

また、洗濯後に保管する際も直射日光や蛍光灯の光を避けて保管すると、見た目の綺麗さを保つことができます。

 

ニオイに効果的なつけ置き洗いの手順

お湯と洗剤を混ぜた洗濯液にユニフォームを浸け置く手元

基本の洗濯方法では落ちないニオイが気になる場合は、つけ置き洗いがおすすめです。
ユニフォームに付いたニオイを落すのに、効果的なつけ置き洗いの手順を紹介するので、お悩みの際はぜひ参考にしてくださいね。

40~50度のお湯を用意する

ユニフォームに付くニオイの多くは汗や皮脂が原因なため、皮脂が溶けやすい40度以上のお湯を使用するのがおすすめです。

温度は必ず洗濯表示を確認し、使用できる範囲の温度に設定してくださいね。

用意したお湯に洗剤を混ぜる

ユニフォームをつける前に、お湯に洗濯用の洗剤を混ぜます。
しっかりと混ぜることで、ユニフォームの色落ちを防ぐことができます。

使用できる洗剤が「中性洗剤のみ」などと決められている場合は、それに従ってくださいね。

洗剤を混ぜたお湯に20分~30分つける

洗剤とお湯をよく混ぜたら、ユニフォームをつけます。
つけ置きする時間の目安は20分から30分程度ですが、ニオイの強さに合わせて調整してくださいね。

つけ置きが終わったら、基本の洗い方と同様に洗濯機で洗い、乾燥させて終了です。

 

ユニフォームを洗濯する際の注意点

洗濯機に洗剤を入れている手元

これから紹介する注意点を意識することで、ユニフォームを清潔さだけでなく見た目も綺麗に保つことができます。
長く綺麗に着用したい場合や、チームから貸与されているユニフォームを洗う場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

柔軟剤や蛍光剤を使用しない

ユニフォームにチーム名や背番号などの、プリント部分がある場合は、柔軟剤や蛍光剤を使用しないのがおすすめです。

柔軟剤を使用するとプリントが剥がれやすくなり、蛍光剤を使用するとプリントや生地が色落ちしやすくなります。

乾燥機やアイロンの使用は避ける

バスケのユニフォームは、熱に弱い素材を使用している場合が多いため、乾燥機やアイロンの使用は避けた方が良いです。

熱が加わるとプリントが溶けることや、生地の一部に不自然な光沢が出てしまうことがあります。

着用後はその日のうちに洗濯する

たくさんの汗を吸ったユニフォームを洗わずに放置すると、黄ばみやカビが発生することがあります。

発生してしまうと、洗っても落ちにくいため、着用後はなるべくその日のうちに洗濯するのがおすすめです。

 

まとめ

バスケのユニフォームを洗濯する際のポイントは、
・洗濯機で洗う時は、裏返してネットに入れる
・柔軟剤や蛍光剤は使用しない方が良い
・脱水時間は短めにする
・風通りの良い日陰で乾燥させる
です。

ユニフォームへのダメージは最小限に、汚れをしっかりと落とすことで、清潔さはもちろん、見た目も綺麗に保つことができます。

綺麗になったユニフォームで、バスケットボールをさらに楽しんでくださいね。

法人向け 衣装クリーニングのディアハート

年間600万点以上の衣装をクリーニング・メンテナンスするディアハートは、ブライダル衣装やスポーツユニフォーム、エンタメ衣装やテーマパークのコスチュームなどの様々な衣装を取り扱うクリーニング会社です。
衣装の特徴や生地、付着している汚れなどから、1点ごとに最適なクリーニングを行っており、高い技術力と高品質な仕上がり、柔軟な納期対応が評価されています。

詳細に関するご質問やご依頼は、下記の法人のお客様向けお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

【会社情報】
ドレス・きもの・衣装クリーニング
株式会社ディアハート
兵庫県伊丹市森本3丁目206番の1