タキシード・メンズ担当

TOP > 仕事へのこだわり > タキシード・メンズ担当

作業内容

  • タキシードやシャツなどの洋装婚礼衣裳から、テーマパークやテレビ出演者、演劇の衣装など、男性向け衣裳のクリーニングを担当しています。

    仕事へのこだわり

    「男性らしさ」を仕上げで表現

    タキシードはドレスとは仕上げ方が異なります。ドレスは柔らかくふんわりとした仕上げとなりますが、タキシードは男性が着ますので、きりっとした感じ、すっとした細身など「男性らしさ」をいかに仕上げで表現できるかがポイントです。
    それを実現させるのは、長年タキシードの洗浄から仕上げまで一手に引き受けて来たからこそ培った経験があるからこそ。

    特にディアハートで取り扱いますのは、特別な衣裳ばかりです。ホームクリーニングでは表現できない、仕上がりでお戻しいたします。

     

    吉武と申します。よろしくお願いいたします。


    私のモットーは、生産性を高めるだけでなく、「いかにお客様、さらにはお客様のお客様に満足をいただけるか」を追求することです。
    よく「私たちは感動を与えるのが仕事である」と指導いただきます。100%の満足だけではなく、「120%の感動」を日々追い求めて仕事をさせていただいております。


    そのためには、「自分でこれをきたらどう思うか?」と思うように気をつけています。そうすることでより衣装を大切に取り扱い、仕上げも細かいところまでこだわることができるのです。


    婚礼衣裳は、結婚される方の一世一代の大舞台に着用されるものです。その素晴らしい一日を衣装でサポートさせていただきます。


    一覧に戻る